診療の流れについて

院長からあいさつ

院長 女性は子供を産み育てる役割を持っていますので、男性とは違うからだの働き、心の動きをします。
漢方医学では女性のために独特の薬をたくさん用意し、その方に応じた対処して健康を守ってきました。
近年、ホルモン剤が女性の諸疾患に気楽に用いられていますが、どんなに良いホルモン剤でも本来、最後の手段として使用すべきもので、長期的に見て何らかの副作用が起こるのではと危惧しています。
漢方治療において女性には思春期を迎えるころより生涯を通じて、女性疾患ばかりでなくどんな病気にもまず、女性のために特に工夫された薬方を念頭において治療にあたる必要があります。
 
がんと漢方

新着情報

一覧を見る

2016/06/02

6月の土曜営業は4日と18日です。
(クリニックはお薬のみの受付/診療はお休み)

2016/04/28

5月の土曜営業は7日と28日です。
(クリニックはお薬のみの受付/診療はお休み)

2016/03/31

4月の土曜営業は2日と23日です。
(クリニックはお薬のみの受付/診療はお休み)

2016/02/25

3月の土曜営業は5日と26日です。
(クリニックはお薬のみの受付/診療はお休み)

2016/02/02

2月の土曜営業は6日と27日です。
(クリニックはお薬のみの受付/診療はお休み)

アクセスタイトル
受付時間

10:00~17:00

電話番号

048-226-1600

お問い合せはこちら アクセスはこちら